5/15 ゼミ整理

  • ヒストグラムを描く目的:確率密度関数の形状を知ること
  • 箱ひげ図の目的:データの粗密を表現すること
  • 解析手法で表現するなら、変数は連続/離散(2値,名義,順序)。2値は連続・離散双方の手法が使用できることもあり、あえて分けている。